夏至と蟹座新月・日蝕*魂の望む方へ加速する


6月21日6時43分、太陽が蟹座に入り、夏至を迎えました。昼の長さが一番長い日です。

そして15時41分に蟹座新月に、その直後から日本でも部分日食がはじまります。


国立天文台HPに特設ページあります→



【日蝕・月蝕とは】



日蝕は月が太陽の前を横切ることで、太陽が隠される現象で、新月のときに。

月蝕は、太陽・地球・月と並んだ時に月が地球の前を横切るときその影に隠される現象で

満月のときにみられます。(一定の条件が重なったとき)



占星術的には、ジャンスピラーさんの本によると、

日蝕は自分が地球やまわりの人々のために果たすこと。利他の心で、与え分ちあう経験。

月蝕は魂が成長するために必要なテーマで、自分が受け取る経験

を表すともいわれています。



6月6日の月蝕にかわり、今回6月21日は日蝕ということで

"自分が果たす役割のようなものにシフトしていく”ことがテーマとなっています。

なんともこれからの時代らしい!

7月5日にもまた月蝕があります。

この時期はなぜか懐かしいとか、デジャヴのような、そんな感覚も

多くするかもしれませんね。





【夏至から秋分の過ごし方、冬至あたりの大きな切り替わり】



夏至(6月21日)は、この先秋分(9月22日)までの3か月の流れを表していて、

春分(3月20日)からはじまった大きな流れのうちの、ざっくりいうと夏から秋です。


そして冬至(12月21日)あたりではっきりと切り替わるタイミングがやってきます。



社会や仕事、伝統や枠組みが大事だったところから、

情報や流通が自由になったことで可能になった"個"の時代にシフトします。


いまはその切り替わりのための準備期間です。



逆行天体がひとつもなかった春分のホロスコープチャート。

流れは一気に進みました。


新型コロナからのあっという間の価値観の切り替わりのながれで

今回の夏至は、逆行天体は半分ほど。



振り返って適応させるためにこの経験を生かしていく。

「一度変化のシュミレーション見せたよね、見直してもう一回やってみて」

そんなことを言われてるかのような配置です。


新しいやり方で、できるところからどんどん行動に移してやっていくときです。




【蟹座と夏至・新月のテーマ】



そのための、古い殻を脱ぎ捨てて、脱皮のとき。

(カニの脱皮は大潮・満月に関係があるそう。新月でなくてザンネン)

いかに手放すか、です。



夏至から秋分までの3か月間のテーマは

心の通い合う感情を大事にした繋がり、ファミリー、国家、基盤、ルーツ、月など。



これに今回の天体などの配置でさらに

今世の魂の縁、祖霊的な繋がり、ご先祖様など見えない深い絆からうけとるものが多く

どこか運命的に事が動いていくような組み換えや流れができています。



また、このタイミングに日本に生まれているということで

祈りが日常にあるという国民性なども

今の混沌とした世界で改めて気づくことかもしれません。



目的を同じくするつながりの中で、満たされる生き方を選ぼう。

見えないつながりをイメージしたときに

大きな流れの先端として動いている

自分の役割のようなものも感じられるかもしれません。



先の発展性のない関係は次に行くための学びとして、

感謝して手放し、新しいものを迎えるスペースをあけよう。



多様性の時代、集団に固執しない時代になるからこそ

波長の同じものは引き合うから

内面のつまりもきれいに、自分を磨いていこう。



いま見えている世界はあなたの映し鏡。

対面するものがあなたの世界を教えてくれます。





【父の日と、価値感の書き換わり】



今日は父の日でもあるので

父親像、母親像、男性性、女性性など

見直しやすいタイミングです。


”そういうもの”としていた価値観はどこからきているのか。


個として立つことをイメージすると

両極のものを統合し

中庸にしていく流れが生まれる



天と地、男と女

人は両極を持ち合わせたクリエイティブな存在で

日々の代謝などからもわかるように

常に何かを生み出し循環させています。



基本的な人間経験はそれぞれが成長の段階で身につけること。

男性性・女性性、不自然な偏りがあるならば

柔軟に見直し、現実に落とし込みができるとき。


それぞれの時代の価値観でやってこれたことも、

この切り替えタイミングでは

軽やかにはずしていくほうが生きやすい

その世代世代の常識がたくさんある。



今の時代のエネルギーを帯びて生まれてくる子供たちからは、

在り方のヒントを。

年長者からは人としての叡智や年輪を。

秀でているところをシェアしあえる

進化成長の循環をつくろう。




【無意識のしてくれるしごと】



これまでの常識に思っていたことから自由になってください。

無意識が担当している、

意識に上がってこないようなところも

感じる方法があれば試してみるのも面白いです。



芸術に触れるとか、なんとなくいい、と感じるものを優先させるとか。

直感でうごいても大丈夫なところからやってみて。

詰め詰めだったスケジュールの余白をつくり

その時の感覚にまかせて行動してみるとか。



まずは、まるっと受け止めてみてください。

日々目にするサインを、気のせい、偶然、と流してしまわずに。



人と同じにならないように

それを最大限活かせるタイミングを選んで生まれてきている。



自分だけの世界では気づけない成り立たないことが多すぎて

個性諸々認めてしまって、ながれに委ねることで

ようやく出会える世界が、その先に広がっている。





【その感覚を信じて納得して動く】



自分の感覚を信じて行動する勇気を持ってください。

それができなければ

どんなに誰かに何かすごいことをしてもらったとしても

それはあなたの世界にはならない。



ひとつひとつ、選択して行動する。

今を大事に、自分を大切にする行動をとることで、


この先いろんなことがもっと感覚的になって、

スピードが上がっても

対する人や物事を尊重しながらを、

軽やかに生きることができるのだと思います。



大事なへその緒、

天と地と自分を繋ぐ糸はしっかり結んで

しなやかに、この先へ抜けていこう。




(おわり)



最後までお読みくださりありがとうございました。

ホロスコープで見て大事な時で、

伝えたいことがたくさんあったので長くなってしまいました。




*お知らせ*


★神仏広告代理店の菊ちゃんとのコラボイベント

『7月5日*スサノオ様と結ぶ山羊座満月』

現在満席にてキャンセル待ち受付中です。


面白いご縁でいうと、お互いのおじいちゃんは

伊勢で大工さんだった、というのがありました。

おじいちゃん同士でなんか約束したのかな?

なんて笑ってました。人気ブロガーの菊ちゃん。

私もただただファンです♡

わたしは星読みと、神環づくりのワークショップを担当。

神話の世界に因んだ花材素材を特別にご用意しています。

ご参加予定の皆様、お楽しみに!


◎占星術個人セッションなどはこちらから→

今回の夏至をうけて2020年からのながれを、

あなたのトリセツにしてさらに詳しくお伝えします。


◎占星術セミナー、星のお話し会などはこちら→

自分で読んでみたい、心ゆくまで星トークしたい、

プチリーディングやお花つきが気になる、などなど。

星読みを身近に。












0回の閲覧

Copyright(C)2020copyrights.nagominoki3.com

花と占星術*フラワーアストロジー

なごみの華

 

愛知県春日井市旭町1-11

​まち起業シェア店舗TANEYA2階
営業時間 11:00~17:00

不定休(アトリエ開放日は最終週の(金)(土)。それ以外は事前にご確認ください。)