平成最後の日は鞍馬山へ

最終更新: 2019年8月21日


月輪の精霊…愛=千手観世音菩薩

太陽の精霊…光=毘沙門天王

大地の霊王…力=護法魔王尊

これらの三身を一体として「尊天」称し

「月のように美しく、太陽のように暖かく、大地のように力強く」と祈り

「すべては尊天にてまします」とお唱えするそうです。

--------------------------------------『ガイドブック鞍馬山』より一部引用 鞍馬山は宇宙を信仰の対象としているんです。

先日は隕石が日本で2番目に落ちたところと言われている

星田妙見宮さまへ行ったこともあり、平成最後は鞍馬寺で。

なんとなく、お寺さんのもうひとつ人間世界に近い慈愛のエネルギーに

包まれたかったんだと思います(^^)

ずっと雨で人も少なめ。

読経の声が美しく響いていました。






Copyright(C)2020copyrights.nagominoki3.com

花と占星術*フラワーアストロジー

なごみの華

 

愛知県春日井市旭町1-11

​まち起業シェア店舗TANEYA2階
営業時間 11:00~17:00

不定休(アトリエ開放日は最終週の(金)(土)。それ以外は事前にご確認ください。)