11月8日 水瓶座で上弦の月



目には見えなくても天の星々のエネルギーを受けている私たち。

星々の響きを感じ読むことは、私たちの集合無意識を読むことになるのです。 何だかそんな気がする、っていうその「なんだか」が無意識で

この感覚を少し気にしていくと直感・インスピレーションが

いい具合に働いてくれるようになりますよね♪

さて、11月8日4時50分(名古屋)上弦の月の星読みです。 新月から満月へ月が満ちてゆく、そのちょうど中間の半月です。

このときの天体の配置のエネルギーはむこう1週間を支配するといわれています。

月は水瓶座、太陽は蠍座にあります。

そのほかの天体もずらり 個人の確立、完成がテーマとなる並び。

「この状況を、自分を越えてゆきたいな。そっか、受け入れてみよっかな?!」

現状を越えてゆこうとするムードがあります。 そんなタイミングに乗ってゆくには…

もちろん自分がこうなりたい、というイメージをもって行動するのが前提にありますが

この時期、信頼できる志を同じくする人、世界観が同じ仲間を自分の中に受け入れて

力をかりてみる、というのもいいようです。

そのためには、今までの自分にこだわり過ぎずスペースを空けるという

何らかの手放しもセットです。

でもそうすることで、手放して空けたぶんだけさらに世界はひろがる。

夢の実現の一歩、新しい自分をみつけるんだと思います。 それから、適度な運動も心地よい時で心身ともに整います。

今後のヒントとなるいいインスピレーションもくるかも。

楽しみながら内面磨くことができるとき☆

また明日も寒くなりそうですが、冴えた空気でますますいいひらめきが来るといいですね。

ちょうど今日の友人との会話のなかで、この記事にぴったりかな?という

言葉がありました。

「アタマで考えるよりハートに聴く」

この言葉を聞いて あぁ、そのとおりだね、って。

こんな当たり前のことのようでも、

アタマを使いすぎると本当はどうしたいのか迷いがでてくる。

相手や全体のことを考えたら、こうしたほうがいいのか、とか。

親の立場ではどうなのか、とか。

これを期待されてるだろうな、とか。

流れを変えるのにはそれなりの覚悟や責任も。

でも、ちょっと立ち止まってみた。

ハートに聴けば、次なる道がおのずと目の前に現れるんだね、って

そんな話を彼女はしていました。

道が現れたのは、ハートに聴いた答えを即行動にうつしたから。

相変わらず、かっこいいひとです!

気付きがいっぱいのいい話をありがとう☆

水瓶座、上弦の月の星読み、 だれもが自分らしく生きていけたら嬉しいな。そんな思いで書いてます。

お付き合い、ありがとうございました。

#ホロスコープ #占星術

107回の閲覧

Copyright(C)2019copyrights.nagominoki3.com

花と占星術*フラワーアストロジー

なごみの華

 

愛知県春日井市旭町1-11

​まち起業シェア店舗TANEYA2階
営業時間 11:00~17:00

不定休(アトリエ開放日は月末3日間。それ以外は予約制です)