新元号『令和』に



「令和」 日本の古典由来で嬉しい。

身分階級をこえて、歌という文化で繋がれることも示してくれている万葉集。

大陸からの物が来て混ざり合い、

独自の文化が育ち今に繋がって。

おおらかな感じで、この時代は好きだなぁ。

テレビをみていたら

元号発表の瞬間を、

当たり前のように

みんながスマホのカメラに収める。

記念だし、snsに流すのかな。

情報はすぐに共有できるものになって

垂れ流しには

食傷気味。

自分はどう思う?って

内側に尋ねる事がより大事に。

だれかの思考回路が

自分のものだと錯覚していない?

自分の言葉でいいんだよ。

"内面を豊かに"

"自分だけの花を"

文化に親しむこと

感性を磨くことの良さは、

心が動かされた数だけ

表現の回路が増えて、

自分らしい表現の幅ができる。

例えば、使える表現が3つと5つでは

全く違う世界になってしまう。

それは相手と自分の違いを

認められるようになることで、

自分自身を認められるようにもなるから。

その世界と

ちょうどいいバランスの

自分に出会える

横つながりで

創りあげる彩りの世界。

***

車を停めたらタンポポとカラスノエンドウが。 かわいいなぁ!と しばらくしゃがんで眺めてたらモズが飛んできた🐧 万葉の時代に行ってみたいな。


#なごみの華 #日々のこと

28回の閲覧

Copyright(C)2020copyrights.nagominoki3.com

花と占星術*フラワーアストロジー

なごみの華

 

愛知県春日井市旭町1-11

​まち起業シェア店舗TANEYA2階
営業時間 11:00~17:00

不定休(アトリエ開放日は最終週の(金)(土)。それ以外は事前にご確認ください。)