山羊座満月(月蝕)の花読み*星読み

最終更新: 2019年8月21日


7月17日6時38分頃 山羊座で満月でした。

今日の満月は日本では部分月食で、中国・四国地方より西の地域が明け方の

欠けたまま沈みゆく月を観測できたかもしれませんね。


2週間前の新月が満ちて満月に。

日蝕(蟹座新月)があり、月蝕(山羊座満月)があり。


占星術のジャン・スピラーさんによると


日蝕は、地球や周りの人たちに奉仕するべき分野で、他人に与えるわかちあう経験。

月蝕は、魂が成長するための必要なテーマで、自分が受けとる経験。


そんなことを浮き彫りにしてくれる時。


人生において、大きな変化の時になっているのではないでしょうか。


向き合うべき過去があるのなら、

腹を据えて、このタイミングで。


ベクトルはそろっている。


身を置く環境も大事に、

あきらめないで、愛をもって

整えていこう



それが最悪に見えることでも、

必要な経験が起こっているんだと


最後までねばり強く

素直になって受け取って越えていこう。

外側の要因に振り回されない訓練だとおもって。


死ぬ時に、やり残しがないように。



まだこれからどんどん自分の本質に向かっていくために


越えるべきものは

越えていこう。



力を抜いて

大いなる流れを感じ、委ねてみよう



視点をずっと上の方、宇宙からみてみる。


まず宇宙から地球へ、

アジア、

そして日本、

好きな場所、魅かれたり縁のある場所、職場や学校

あなたの家。


地球家族の一員として、

すべきことがある。


どこへいっても

あなたがあなたでいられる生き方をしてください。


これから出会う世界は待っているよ。



(星読み・おわり)



ここから先は、【山羊座満月(月蝕)の花読み】です*




自分のお気に入りの「木」はありますか?

今回の満月。夏至から続いている変容の波はもう少し。

自分自身の根っこの部分を、本当にこれでいい?と問いかけてきています。

人間の寿命をはるかにこえている巨樹たち。

(画像 上、熱田神宮の大楠。下、瀧原宮参道)

地球の皮膚のような木々に護られて、

無条件の愛をあたりまえのように受け取っている。

木はきであることの命を全うしていきます。

あなたは、あなたのままで。

その命を全うしていくのです。




夏の花といえば、ひまわり。

太陽の花。

今、あらたに自分を再スタートさせるような時で、

それはだれもが自ら輝く太陽のように、

それぞれの輝きを生きることをはっきり意識して

シフトしていきます。

軽やかさをもって、まっさらな心で。

それぞれが自分の悦びから立つことで

調和の世界がうまれる。

(画像 下、ひまわり”ゴッホ“ ”東北八重” ”クラレット””ミニヒマワリ”、

白妙菊、スモークグラス)




トケイソウ。パッションフルーツの花。

夏の太陽のもと、ぐんぐんと蔓をのばしていく成長の速さ。

パラレルワールド、何層にもなっている「時」

植物もそれぞれが違う時間の尺でその命が運ばれる。

丸みをおびていてあっさりした雰囲気のつぼみからは想像できないような

個性的な曼荼羅のような美しい花を咲かせる時計草。

フットワーク軽く、同じとしてない「その時」の流れを

しっかりつかまえて乗せていこう。




最後に、トップ画像の蓮の花。

輪廻転生、仏教美術には欠かせない蓮の花。

私の住む愛知県にはレンコンの産地、立田村があります。

この季節になると、辺り一面のレンコン畑の蓮の花を見に行ったことを思い出します。



今回の山羊座満月(月蝕)のホロスコープチャートでは

魂のご縁をあらわすドラゴンヘッド&テイルがかなり強調されています。

絶妙なタイミングで現れる存在のおかげで

動かしにくかったところが変わっていく。

手のひらの上でコロコロと遊ばせていただくこの命。

束の間で儚くも 力強い刹那。

泥の中から現す花は天と繋がり全てを赦す愛の色。





(花読み*おわり 最後までお読みくださってありがとうございました☆)



***


占星術個人セッション 募集中です→https://www.nagominoki3.com/blank-6
























Copyright(C)2019copyrights.nagominoki3.com

花と占星術*フラワーアストロジー

なごみの華

 

愛知県春日井市旭町1-11

​まち起業シェア店舗TANEYA2階
営業時間 11:00~17:00

不定休(アトリエ開放日は月末3日間。それ以外は予約制です)