蠍座満月☆ベクトルが揃った先に

最終更新: 2019年8月21日



5月19日6時11分頃 蠍座で満月でした(名古屋)。


自分に還る

自分ってどんなエネルギーなのかに

改めて気づく。

幻想だと思っていたもの

ぼんやり憧れていたもの

理由すらわからず

言葉にできず嫌っていたもの

それも自分の姿だ

悦びでみたされることができるのに

素直になれず

怒りがあるのに

コントロールできるのか不安で

自分に向き合いきれず

なかったことにする

直感は伝え続けてくれているのに

信じ切ることがこわくて回路を閉じる

流れがわるいのは

実は自分でつくりだしている

目の前で起きていることは

結局のところ自分の世界の雛形で

これをぐいっと自分の現実に引き受ける

誰にも止められていないのに

しあわせを選ぶのを

ためらってしまう

結局はそれがラクだから、

本質がわからないフリをするのが

面倒くさくないから

このルーティンはもうやめて。

このテーマは終わってるから。

目が覚めたら

身体をうごかしてみて。

心をのせて イメージをなぞればいい。

自分に還る

宇宙のなにか

壮大なのを想像してもいいけれど


もっと身の丈から。

自分の身体と心

魂のベクトルは揃ってるだろうか

でこぼこしながら

泣いたり笑ったり怒ったり

嘘はナシで

胸に手をあてて

体温や鼓動を感じて。

全身スキャンする感じで

360度 感覚をひらいてみて。

今となっては意味ない

ルーティンをやめたら

やっと見える

受け取り待ち案件があるはず。

芋づる式に

どんどん 受け取る。


いらないものは

要らない、って言ってみる

嘘はナシで。

自分自身のエネルギー、 魂を、

大切に扱う為に。

兆しや

ヒントは

日々のやりとりの中に

膨大な情報の中に混ざっている。

それをどう知恵として使うのかは

直感と日頃の感性の磨き上げ次第



味わいきれた感情は

しるべとなって

必要なご縁を結んでくれる。

かろやかな光のエネルギーは

わざわざ肉体に宿った。

足の裏に大地に感じながら


蝋燭の灯のように儚くもあるけど

力強い命。


自分を輝かすことができるのは

宇宙の中で唯一自分だけ。



心をひらいて

意識をそこに向けて


自分自身の細部まで愛して 華を咲かせて


エネルギーの向かう先へ

運ばれていこう


イメージが形となってやってくるよ

(終) 最後までおよみくださりありがとうございました。

【お知らせ】 5月後半、6月の占星術個人セッション募集中です。

あらたなフェーズに入り転機を迎えていることでしょう。

これまでとこれからのために、

背中を押す星読みセッションです。





Copyright(C)2019copyrights.nagominoki3.com

花と占星術*フラワーアストロジー

なごみの華

 

愛知県春日井市旭町1-11

​まち起業シェア店舗TANEYA2階
営業時間 11:00~17:00

不定休(アトリエ開放日は月末3日間。それ以外は予約制です)